着物レンタルではんなり気分

「二十四の瞳映画村」では絣の着物レンタル可能

「二十四の瞳映画村」では絣の着物レンタル可能 小豆島に開村して30年、二十四の瞳映画村は瀬戸内海を見渡す広大な敷地に大正時代から昭和初期にかけての小さな村を再現しています。
小豆島出身の小説家、壺井栄の「二十四の瞳」の舞台となったこの島で当時の生活を実体験できる「二十四の瞳」ワールドです。
ここでは木造校舎、男先生の家、漁師の家、茶屋、土産物屋など、映画の世界にたっぷり浸ることができますが、それを助けてくれるアイテムが絣(かすり)の着物です。
この映画村では一着500円の料金で着物レンタルを利用できます。
絣の着物は最近の浴衣のようなカラフルなものではありませんが、質素なだけに初々しいという印象が際立ち、初めて着る若い女性は新しい魅力を感じるかも知れません。
映画館「松竹座」では、「二十四の瞳」を常時上映しているので、着物を着たまま思い切り映画の世界に入り込むのもよいでしょう。
「キネマの庵」では、1950年代日本映画黄金期の名作を紹介したギャラリーのほか、懐かしいアルマイト製食器の給食セットが楽しめます。
当時を知る年配の人はもちろん、この時代を知らない若い人も給食を食べながら当時の子供たちの生活を思い浮かべるのもよいでしょう。
苗羽小学校田村分校の教室には、机やオルガン、子どもたちの作品などが当時のままに残っているので、ぜひ着物レンタルを利用して、絣の着物を着て椅子に腰掛けて見たいものです。
生徒になったつもりで記念写真はいかがでしょうか。

着物レンタルで映画の世界に入っていける

着物レンタルで映画の世界に入っていける 成人式や卒業式、結婚式などの特別なイベントの日に振袖や羽織袴などの晴れ着を利用する人が多くなっています。
一方で、着物を購入する人は減少していると言われており、その背景には着物レンタルの普及があります。
着物を購入する場合、最初に多額の費用が必要になり、クリーニング代などの維持コストも高額になって、保管も大変であることから、必要な時に必要なだけ着物を借りるというスタイルが浸透しています。
特別なイベントの日だけではなく、映画の世界に入っていくために着物レンタルをする人が出てきています。
最近は、観光地や温泉街、有名な映画の舞台になった場所などでも着物レンタルショップが登場しており、手ぶらで気軽に着物レンタルができるようになっています。
映画のワンシーンを意識した着物を借りることも可能で、憧れの俳優や女優の気分になって、写真撮影を行うことができます。
外国人観光客の間でも、着物は人気になっています。

新着情報

◎2019/2/19

流行している着物レンタルの特徴
の情報を更新しました。

◎2018/8/24

着物と帯の可愛い選び方
の情報を更新しました。

◎2018/2/20

着物レンタルに割引がある
の情報を更新しました。

◎2017/10/11

京都の祗園で着物レンタル
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

映画の世界に入っていける
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

サイト公開しました

「着物 映画」
に関連するツイート
Twitter

RT @taruru_to_desu: 水口さんの新しいスタンプもあります。 のんちゃんが映画秘宝の撮影で着た着物や栩野さんの新しい製作物もありますので、ぜひ、行って欲しい😊 #昭和のくらし博物館 #この世界の片隅に #いくつもの片隅に #今日の水口さん https://t.…

Twitter#今日の水口さん展(映画『この世界の片隅に』公式ファンアート集「#今日の水口さんメモリーズ」発売)@mizuguchisanten

返信 リツイート 2:37

考えてみたら、趣味と呼べるようなものが、ない。楽器もやらなくなったし、縫い物編み物ビーズ刺繍なんかもしなくなった、映画も見ないし読書もしないし音楽も聞かない、着物も着るチャンスがないし、カラオケも行かない、スポーツもしないしゲームもむすめっこに付き合ってやるくらい。無趣味。

やることをやって、年末姪とクリスマスディナー一緒に作ったり、着物でお出かけしたり、ミイラ展行ったり、ひたすら本を読んだり、映画をみたりしたいのじゃ。 隙あらば旅にもでたい

発売中の「キネマ旬報」(2019年12月下旬号)にて、映画女優としての八千草薫さんについて、文章を書かせていただきました。是非お手に取ってお読みいただけたら嬉しいです。 (八千草薫さんの素敵な着物姿の写真も拝めますよ♪) #映画 #キネマ旬報 #八千草薫 pic.twitter.com/PhC3ifZEXa

おォ、仁侠映画に凝ってるってわけだ。時代遅れだなおめぇは。 RT goe_bot どうせあたし達は赤い着物か白い着物、ご一緒させていただきます

唯一の救いが大好きな アナ雪を映画館で 見れたことと、 彼氏と着物で嵐山 行けたことです👧 薬大量に飲みまくったが なんとか終えてほっと してます。 pic.twitter.com/vYxTN6Zxjr

発想が天才!🤣 昔、映画「ノッティングヒルの恋人」の主人公の家の玄関に、着物を着た白人女性の等身大パネルがあったのを思い出した😆(あれはシュールだな~と思いながら映画をみてた)。 ただ、この等身大パネル、愛着がわいてきて捨てるのが忍びなくなるな~😅

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」より。 主人公ニュートをイメージした着物をえらびました。 コスプレにはなり過ぎずファッション誌のようにしたくて… たくさんの人が色々と助けてくれて自画自賛できる素敵さになりましてチラ見せ pic.twitter.com/BYD5HdsJaH

前からやりたい企画がありました。 私の好きなものと好きな作品を融合した「映画×着物」 そして世界観を重ね合わせる。 少しずつ準備して、個人的にはルールも作って周りに助けられて先日撮影ができました✨ とても楽しかったし次回もやりたいな。

RT @taqe4: 夫婦着物de映画鑑賞 ー アメブロを更新しました ameblo.jp/taqe-4/entry-1…